お知らせ(Yoriyorkの挑戦者|フロントエンドエンジニア(デザインチーム ) Yurie)|YORIYORK|栃木県佐野市

お知らせ

news

Yoriyorkの挑戦者|フロントエンドエンジニア(デザインチーム ) Yurie

2021.2.1

人物写真 フロントエンドエンジニア YURIE YORIYORK

やらずに後悔をするなら、挑戦の一歩を

ずっと事務職をしていた私がデザインの力に魅了されたのは、パッケージ会社の営業事務に転職したとき。デザイナーさんとお客様のやり取りを聞いているうちに、「クリエイティブの影響力ってすごいんだな」と感じました。

昔から絵を描いたりすることも好きだったので、個人の感性で誰かの役に立てるデザイナーという仕事に憧れを抱いて、私も自分にしかできない何かを生み出せたらいいなと思い、デザインの学校に通う決心をしたんです。

全く新しい環境に自ら一歩踏み出すのは、もちろん不安でした。でも、それよりも後悔をしたくないという気持ちの方がずっと大きかったです。踏み出してみて失敗した場合も後悔はするかもしれないけれど、挑戦すらしなかったら、きっともっと後悔していたはずです。

そんな中でデザイナーとして働く場を探していたとき、yoriyorkのwebサイトに辿り着きました。「改善改良」「ワクワクしよう」といった価値観にものすごく共感して、仲間に入りたいと思ったんです。

デザイン作業 フロントエンドエンジニア YURIE YORIYORK

 

言語化するワクワクが、ポジティブな成果へ

以前の私は、「デザイナーって天才的な感覚を持っている人にしか向いていない職業なんじゃないかな」と思っていました。でも、Yoriyorkでの就業を通じて、良いモノには必ず理由があると考えるようになりました。だからこそ、今はデザインのプロとして、「何故それを良いと感じたのか」を言語化することが習慣になりました。

きちんと言葉で解釈して人に伝える力は、お客様にwebサイトのデザインを提案する上でも必要なスキルです。それに、良いデザインに出逢ったとき、どう言語化しようかと考えるのが、今の私にとってはすごくワクワクする時間になりました。

yoriyorkでは、そんな風にどんな状況もワクワクしながら楽しむ思考を持つことも教わりました。完璧主義で一人で抱え込みがちな性格の私は、いつも苦しい方向に考えてしまう癖があったのですが、楽しさを見出しながら課題解決をしてこそ、みんなにとって幸せな成果につながるんだと今は思っています。

ペンタブ フロントエンドエンジニア YURIE YORIYORK

 

仕事観や人生観を、共に考えて進んでいける場所

yoriyorkは、「自分はどう生きたいのか」を考え、実現することができる組織です。社内のミーティングなどでは、仕事のことはもちろん、今どんなことに課題を感じているのか、どう改善していけばより良くなるのかを深く話し合える機会がたくさんあります。

だからこそ、きちんと思考した上で自分の意見を伝えたり、仕事の効率を上げるために提案したりしたことが、フラットに取り入れられる柔軟性があります。それまでは、会社って改善案を提案しても実行されずモヤモヤするのが当たり前だと思っていたのですが、良い意味でその固定概念が上書きされました。

過去の自分には、失敗を恐れないでほしいと伝えたいです。チャレンジしてみて、壁にぶつかったらそばで力を貸してくれる仲間がここにはちゃんといるから。今は毎日がとっても楽しいです。

人物写真 フロントエンドエンジニア YURIE YORIYORK

ワクワクするのはこんなとき

・かっこいいデザインを目にしたとき
・仲間が「こんなことしたいよね」と話しているとき

採用 クリエイター 栃木県 Yoriyork

Author:admin|Category:お知らせ

\ お気軽に一度ご相談ください! /

お問い合わせ•ご相談はこちら
求人情報
PAGE TOP