お知らせ(Webディレクションの仕事とは?)|YORIYORK|栃木県佐野市

お知らせ

news

Webディレクションの仕事とは?

2018.10.1

今回はデザイン制作やWebサイトを制作する祭、どのような人が、何を意識して、どう業務を進めて行くのかをご紹介していきます。

 

Web(デザイン)ディレクターとは

 

Webサイト(デザイン)制作の全体の「指揮」・「進行管理」をする人。

 

デザイナー・ライター・カメラマン・コーダー・プログラマーなどのクリエイターをとりまとめます。お客様のご要望を具体的かつ正確に伝え、スケジュール管理・トラブルなどの対応し、お客様のご要望を制作物として実現することが主な役割となります。

 

スマホ・PC画像

 

Webディレクションの主な仕事内容について

 

①要件定義

お客様から「ご要望や課題、目的」などをヒアリングしサイト制作に関しての要点をまとめていきます。顕在化しているお客様のご意見をしっかり理解する事が大切です。

※潜在的なご要望も明確化できるディレクターは貴重となるでしょう。

 

②企画・提案

おうかがいしたお客様のご要望を、企画・提案に落とし込みます。お客様と認識のズレが無い様に、意志疎通を図りましょう。企画・提案の軸としては、サイト構成、情報コンテンツの構成、デザイン、利便性、など幅広いです。

※サイト制作、ホームページ制作に付随する分析やマーケティングを見越して企画が出来るディレクターは重宝されるでしょう。

 

③資料作成

ヒアリングシート、プレゼンテーション書類、見積書、企画・提案書、要件定義書、スケジュール管理表などを作成し、業務の進行をスムーズにします。

 

④チームの構築・管理

サイト制作を進める上で、「誰が」・「何を」・「いつまでに」を明確にし、人選をおこないます。それぞれのメンバーに業務を割り振り、それぞれが共通認識を持ち、協力して進めていく事が重要です。

※人選の軸は、人間性、コミュニケーション能力、スキル、などが上げれるでしょう。

 

【スケジュール・情報の管理】

 

⑤進捗・スケジュールの管理

対応項目の順序や、納期に間に合うようにそれぞれの進捗とスケジュールを管理します。。逆算して対応したり、複数の業務を同時進行したりと、要領や段取りが大切です。トラブルが起きる事もあるので、問題解決思考を持ち、関係者と調整する事も重要です。全体の状態を見渡し、的確な指示を出さなければなりません。

 

⑥情報の確認、管理、共有

お客様からのご要望やリアクションを伝える事。ご提供頂いた画像・文章などを共有する事。これらを的確に伝える事で制作物のズレやミスを防ぎます。

 

ミーティング風景

 

⑦訴求改善

WEBサイト(ホームページ)を作る目的は、まず、サイトを通じてエンドユーザーに存在を知ってもらう事ですが、次に、会社やサービスの魅力をしっかり伝える事です。お客様の強み、弱み、魅力を整理し、しっかり訴求表現をデザインに落とし込む事が重要です。

※こちらはサイト制作時に調整できるとベストですが、お客様の状態に応じてまず制作するという判断になるケースもございます。

 

⑧WEBマーケティング

WEBサイト(ホームページ)があり、サービスの魅力を表現した後は、より多くの方に見て頂く事が重要です。更にサービスにニーズを持っている方にサイトを見て頂く事で目的達成の可能性が高まります。この対応がWEBマーケティング領域です。簡単に言うと集客です。現在は検索エンジン(サーチエンジン)を軸にリスティング広告やSEO対策などがあり、その他のもアフィリエイト広告、SNS(ソーシャルネットワーク)などもございます。

※こちらもサイト制作時に逆算して調整できるとベストですが、お客様の状態に応じて制作の後に判断するというケースもございます。

 

⑨WEB関係の最新情報収集

技術の進化は日進月歩です。最新の情報やデザイン、関連技術を知っておけばお客様に対して最適なご提案が可能でしょう。常にアンテナを立て、情報収集と情報の共有が重要になります。1人で全てを把握する事は不可能に近く、信頼できるパートナーとの連携が鍵を握ります。

 

必要なスキル

 

①人のマネジメントスキル

チームのメンバーにそれぞれ的確な指示を出せるリーダーシップです。役割分担を明確にする。モチベーションの管理も重要な項目です。

 

②コミュニケーションスキル

お客様からのご要望を細かく聞くヒアリング能力。確認すべき事項を洗い出せれば、お客様のご要望に対する認識のズレがなくなり、トラブルを防止することができます。

また、チームメンバーにもお客様のご要望を正確に伝えることができればミスを防ぐことができ、効率良く作業を進めることができます。

 

③スケジュール管理スキル

スケジュール表

限られた人員・費用・納期を考えたスケジュールを立案し、業務の進捗を管理する。1日の時間をどう効率的に利用するかが重要になります。

 

④お客様に貢献したい気持ち

スキル同等に重要だとYoriyorkでは考えています。

 

【専門的スキル】

 

⑤コーディング・デザイン基礎スキル・基礎理解

Webディレクターがコーディング・デザインの対応を兼務するケースと、対応しないケースがございます。お客様とのやり取りの中では制作に関する技術的な説明し共通認識を持つひつようがあり、基礎知識を持っていることで、的確な制作進行を実現できます。

 

⑥問題解決思考・スキル

問題となる原因を正確に認識することです。問題を色々な角度から考え、分析をすることができれば、明確に問題を解決する糸口が見えてくるはずです。

 

⑦WEBマーケティング理解

集客・リスティング広告・SEO対策、コンテンツマーケティングなどのマーケティング力をご提供できればお客様のご要望以上のことができ、売上アップに貢献できます。

 

 

右肩上がり

-まとめ-

 

今回は、Webディレクションについてご説明して参りました。大体の仕事内容などのイメージはつかめたのではないでしょうか。

Webディレクションのポイントは「どの業種の仕事」にも共通している部分があると感じられたかもしれません。

専門的な言葉や、基礎的な概念は理解しておかないと超生成する事は難しいですが、同等に重要な事は、ヒューマンスキルや、コミュニケーションスキル、ビジネススタンスです。

これらは、日常から意識をすることで、スケジュール管理やヒアリングの質を上げる事が可能でしょう。

私自身もこれを機会に意識してみようかと思います。

Yoriyork 「肯定からの改善改良」

Author:admin|Category:お知らせ

\ お気軽に一度ご相談ください! /

お問い合わせ•ご相談はこちら
求人情報
PAGE TOP