お知らせ(2018年のWEBトレンドを振り返ろう)|YORIYORK|栃木県佐野市

お知らせ

news

2018年のWEBトレンドを振り返ろう

2019.4.1

2018年のWEBトレンドを振り返ろう

今回は、2018年のWebデザインの流行を参考サイトと共に紹介します!
昨年の流行を再確認することで制作の幅を広げましょう。


 

ズラすレイアウト

参考サイト(https://nana-eyelash.com/)
「あえて」要素をズラしたり重ねたり、崩したりした「ブロークングリッドレイアウト」が流行しました。キレイに見せたいけど遊びも入れたい時に、揃えるべき要素はキッチリ残すことで、ユーザーの興味を引く流行のデザインにする事ができます。

このデザインの派生として、画像を左右にズラして生じた空白に、テキストを配置(最近はさらに画像に文字を被せるパターンも!)したレイアウトもよく見ます。
シンプルなミニマルデザインとも相性が良く、抜け感も表現できるのが特徴。

 

フラットデザイン2.0(セミフラット)

参考サイト(https://redesigner.jp/)
定番のフラットデザインにテクスチャやシャドーを柔軟に取り入れ、UIを高めた「フラットデザイン2.0」も今年のトレンドと言えるでしょう。
参考サイトはタイポグラフィや、使用カラーを絞ったミニマルデザインです。
シンプルなサイトに敷かれた薄いシャドーが、奥行きとボタンの視認性を高めています。
ヘッダーに固定された「登録するボタン」への訴求も良いです。

 

美しいグラデーション

参考サイト(https://www.fuwa.jp/)
美しいグラデーションはメインビジュアルや要素の背景、ボタンに取り入れられています。
グラデーションの美しい組み合わせを作成するツールも増えており、手軽に綺麗な色を生み出すことが出来るようになりました。
参考サイトはボタンの背景色がグラデーションになっています。マウスオーバーでグラデーションが変化する動きがとても楽しいです。

 

彩度の高い色をメインカラーとして大胆に使用

参考サイト(http://plumppink.jp/)
メインカラーに彩度の高い色を採用し、大胆にレイアウトするのも2018年のトレンドでした。参考サイトの商品イメージにマッチしたピンクは、雰囲気やメインターゲットへの訴求が高く、可愛いく仕立て上げられています。
デュオ(Duo)」2つの、「トーン(Tone)」色を合わせた、鮮やかなデュオトーンを使用したデザインも再流行しました。

 

トレンドを振り返ってわかった事

さて、2018年のトレンドを確認してきましたが、常に流行は移り変わるものです。
レイアウトの流行としては、近年フラットデザインをベースにしたサイトが主流になっています。そのため昨年は「フラットデザイン+α」で、いかに個性を出すかが肝でした。
ブロークングリッドレイアウトやセミフラットがその例ですね。
どちらも「要素をきっちり揃える」「フラットデザインに奥行きを出さない」といったルールを変える事で新しい表現、使いやすさが開拓されました。

また毎年変わる流行といえば、「色」です。
PANTONEが昨年末発表した2019年のトレンドカラーは「Living Coral」です。
Webで使用するHTMLコードでの表現は#FF6F61です。
温かみがあり、メインでもワンポイントとしてもアクセントになるカラーですね。

今年もトレンドのデザインを押さえつつ、トレンドカラーを活かした制作を行っていきたいと思います。

Author:admin|Category:WEBチーム

\ お気軽に一度ご相談ください! /

お問い合わせ•ご相談はこちら
求人情報
PAGE TOP